インフルエンザ治療薬タミフル

タミフルの服用期間に気を付けよう

インフルエンザ治療薬であるタミフルは、「インフルエンザのウイルスを殺菌、死滅させる薬ではなく、増殖を抑えて症状の重篤化を防ぎ、本来身体が持っている治癒力でインフルエンザを治す薬である」ので、直接ウイルスをせん滅することはできないということをまず覚えておきましょう。
そしてこのタミフルは、その飲み方には注意が必要です。
まず最初の飲み方の注意は、タミフルを処方されたら処方されたその場で服用するか、なるべく早いうちに服用することが大切です。
飲み始めの理想の時期は、症状が出始めてから48時間以内には服用することです。48時間以内に服用することで、ウイルスが体内で大幅に増えるのを食い止めることができます。
タミフルは、1日に2回の服用が必要ですが、2日も飲み続ければ熱が下がってきて大分楽になってきます。
しかし、ここで飲むのを止めてはいけません。熱は下がっていますが、ウイルスはまだ体内に少し残っており、完全にいなくなったわけではないからです。
ここで飲むのを止めると、残ったウイルスが再び増殖し、熱がぶり返すなどの症状が現れます。
では、「最低でも何日間飲み続ければいいのか?」というと、最低でも5日間は飲み続けましょう。
5日間飲み続ければ、ウイルスもいなくなり、タミフルを飲まなくなってもウイルスの影響が身体に出ることはなくなります。
タミフルは以前、服用した方の異常行動などが報道されたこともあり、服用に関しては不安を抱いている方も多いようです。
しかし、途中で服用を止めてしまって再びウイルスが増殖してしまっては、途中まで飲んだ分も無駄になってしまいます。
服用を怖がらず、5日間は飲み切りましょう。また万が一、異常行動などの不安な事態が見られた場合は、すぐにかかりつけの医師に連絡しましょう。

小児にはタミフルドライシロップ

病院の診察でインフルエンザウイルスに感染していることがわかったとき、処方薬としてよく選択される薬にタミフルがあります。
タミフルと聞くとカプセル剤のことを思い浮かべる人が多いですが、タミフルにはカプセル剤だけでなく、ドライシロップ剤になっているものもあります。
ドライシロップ剤は顆粒状になっており、服用する際は少量の水やジュースなどに顆粒を溶かして飲むか、粉薬のように顆粒を口の中に入れて水やぬるま湯で流し込みます。
ドライシロップ剤の顆粒には服用しやすいように味が付いていることが多く、タミフルドライシロップの場合はミックスフルーツの風味がつけられています。
ただし、液体に顆粒を溶かしたり、顆粒を口の中に入れた時に噛んだりしたときに、薬が本来持っている苦味を感じることがあります。
タミフルドライシロップが主に処方されるのは小児で、特に体重が37.5kgを下回っている小児に対しては必ずドライシロップが選ばれます。
これは、カプセル剤は通常の錠剤と比較するとサイズが大きく、小児の中にはそのまま飲み込ませるのが難しい者が多いことと、薬の独特の苦味に慣れていない小児が多いことが主な理由です。
タミフルのドライシロップ剤の1回あたりの服用量は、飲ませる小児の体重に応じて定められ、体重1kgあたり2mgとなっています。
例えば、体重が30kgの小児に対しては、1回あたり60mgを顆粒の入ったボトルから取り出して飲ませます。
また、1回あたりの服用量の上限は75mgとなっており、これはカプセル剤の1カプセルあたりの有効成分の含有量と一緒です。
小児にタミフルドライシロップを与える際は、服用量の上限を超える量を飲ませないように注意しましょう。

リレンザとタミフル、本当に安全なのはどっち?

リレンザとタミフルとは、インフルエンザに対処する為の治療薬の事です。
まずタミフルですが、タミフルはインフルエンザの代表的な治療薬として知られています。
インフルエンザにはA型インフルエンザやB型インフルエンザ、C型インフルエンザ等の種類がありますが、タミフルはA型インフルエンザとB型インフルエンザに対して効果があります。
C型インフルエンザに対しては効果が期待できません。
また、インフルエンザ発症後の48時間以内に服用しなければ、インフルエンザウイルスが増殖し過ぎていて効果がなくなってしまうのも特徴の一つです。
この治療薬の副作用としては、吐き気や下痢や腹痛などの症状が報告されています。
また、タミフルの副作用と疑われているものとして、未成年者がこの薬を服用したのちに突然ベランダから飛び降りるなどの異常行動を引き起こした事件があります。
この薬と異常行動にどのような因果関係があるのか明確には分かっていませんが、現在では10代の患者への使用は禁止されています。
次にリレンザについての説明ですが、リレンザは経口薬ではなく吸入薬です。リレンザは専用の吸入器を用いて使用する必要があります。
また、リレンザはA型インフルエンザとB型インフルエンザの二つに効果があります。
またリレンザもタミフルと同じく、発症後48時間以内に使用を開始しないと効果が見込めなくなります。
リレンザの副作用としては、呼吸器系疾患等を患っている人が使用すると、呼吸器系の症状が悪化する可能性があります。
しかしその他の副作用などは特に報告されていません。リレンザとタミフルのどちらがより安全かと考えた場合、やはりリレンザを使用することが無難です。