インフルエンザ治療薬タミフル

タミフルの製造と課税について

タミフルはインフルエンザに効果があるだけではなくインフルエンザの予防にまで効果があります。世間から一気に注目されたのはインフルエンザのよるパンデミックの危険性が騒がれてからです。この薬は体内でインフルエンザウイルスを増やさないようにするための薬です。
日本の国内では特許が有効であるためタミフルのジェネリック医薬品は販売されていませんが、インドではタミフルの有効成分の特許申請が却下されている関係でタミフルの名前を使用しないインフルエンザの薬を製造・販売することができます。ジェネリック医薬品のためタミフルと名前は違いますが成分は同一のもので、タミフル同様にインフルエンザのA型・B型の両方に効果があります。タミフルが登場する前はウイルスの増殖を防ぐような治療方法は存在せず対処療法を行うしかありませんでした。抗インフルエンザ薬としてタミフルが登場したことにより飛躍的な進歩を医療現場にもたらしてくれました。
どんな薬でも副作用があるように、この薬でも副作用があり稀に異常行動などが見られるという報告がされており、厚生労働省でも注意を促しています。しかし、インフルエンザに対して高い効果を出していることは間違いがなく、国がインフルエンザの流行に備え備蓄を行っている医薬品です。インフルエンザの予防接種を受けた時に予防接種負担金課税の一部助成をうけられる場合があります。地方自治体ごとに対応が違う場合がありますが、子供医療費助成制度や高齢者に対して負担免除等、予防接種負担金課税の一部助成が行われています。この予防接種負担金課税の一部免除は、早めに手続きを行わないと申請の締め切りが定められていることがあるため注意が必要です。