インフルエンザ治療薬タミフル

タミフルを使用してもインフルエンザ感染期間は安静に

インフルエンザは湿度が低いと活性化するため、湿度の関係で空気が乾燥する毎年1月から2月に感染のピークがあります。そのため12月の中頃までには予防ワクチンを接種するのが望ましいです。ワクチンを打つ事で、完全ではありませんが感染の予防ができますし、罹っても重症化するのを防ぐ効果があります。特に重傷化しやすい持病を持っている人や高齢者は積極的に受けるようにします。この時期は一般的な風邪も流行していて、軽症化したインフルエンザとの区別は難しいものがあります。必ず症状が出た時は医療機関を受診して、検査をして貰うようにします。症状が軽くても他の人にうつす危険性がありますし、うつった人が軽症で済むとは限りません。インフルエンザに罹ってしまった時は、発症から48時間にタミフルやリレンザが有効です。
タミフルやリレンザなどを使用すると早期に解熱しますが、インフルエンザの感染可能期間を経過していないためうつす危険性があります。感染可能期間は発症の1日前から5日間位とされ、最も感染力が強いのは3日目位となります。タミフルなどで直ぐに解熱しても、まだ感染力が強い事になります。学校の指針では、解熱後2日は出席停止かつ、発症後5日間は出席停止となっています。タミフルやリレンザなどで解熱しても感染可能期間は外出を控え家で静かに過ごします。インフルエンザウイルスの活性化には湿度の関係があり、高い方が感染力が弱まります。そのため感染可能期間は家族にもうつさないように注意が必要でので、ウイルスの活性化と湿度の関係から部屋の湿度は50から60%に保つようにします。
また、部屋の温度も20度位の適温にします。手洗いやうがいも予防効果があります。感染を広げないようひとりひとりの注意が必要です。