インフルエンザ治療薬タミフル

国内で処方されているタミフルは飲酒厳禁

インフルエンザA型・B型のどちらにも有効であるインフルエンザ治療薬として日本国内の医療機関ではタミフルが現在も多くの人に処方されています。
インフルエンザウイルスに感染すると体内でウイルスが増殖して、感染後3日ほど経って突然の高熱や全身の倦怠感に襲われる症状が現れてきます。
そして、タミフルとはそういったインフルエンザでの高熱や体の症状などが重症化するのことを抑えることができる薬なのです。
インフルエンザの症状が出始めてから48時間以内の早い時期に服用することで大きな効果を発揮し、体内でのウイルスの増殖を抑えることができます。
そのためインフルエンザの初期症状の段階でタミフルを投与すれば、高熱や倦怠感などの症状を早く回復させることができるのです。
ですから、タミフルにはインフルエンザの発症期間を大幅に減らすことができるというメリットがあるのです。
また、インフルエンザにかかると重症化してしまう恐れがある高齢者や何らか病気を患っている方がインフルエンザの発症者と同居している場合など医師から必要性があると認められた場合には、タミフルはインフルエンザの予防薬として処方されることもあります。
どちらの利用法にしても、タミフルは早い段階で使用すればインフルエンザの症状や発症の可能性を軽減することができる便利な薬です。
しかし、タミフルは過去に副作用があるととり上げられた薬でもあります。
そして、基本的にどんな薬であってもお酒との相性は悪いものでなのです。
ですから、タミフルを服用した結果として熱が下がり、倦怠感が無くなったからといってお酒を飲んでしまうととても危険です。
服用している期間の飲酒は絶対的にやめましょう。