インフルエンザ治療薬タミフル

流行マップを見て咳に注意しタミフルでの予防を

日本の冬には様々な楽しみがあります。クリスマス、バレンタインデー、忘年会、新年会など人が多く集まり、楽しみを共有するイベントがたくさんあります。それとは相反して、懸念しなければいけないこともあります。それは感染症の拡大です。特に冬にはインフルエンザが大流行するので、それに対して注意を払わなければいけません。インフルエンザは感染者の咳やくしゃみ、鼻水などの飛沫や接触によって感染します。特に冬はイベントが多く、人が多く集まる機会が多いので集団感染しやすい傾向にあります。ひとたびインフルエンザに感染してしまうと40度以上の高熱に見舞われ、嘔吐や下痢、頭痛、関節痛も伴い非常に辛い状態に陥ります。
その為冬には流行マップなどをよくチェックして、感染しないように自分で注意し備えることが大事です。流行マップなどは厚生労働省のホームページなどでも簡単に確認することができます。流行マップで自分の地域が警戒レベルになっていれば他者の咳やくしゃみなどに注意を払う必要があります。感染者の咳による飛沫感染を回避するにはマスクの着用が一番であると言えます。冬の外出時にはマスクの着用が非常に大事だと言えます。
また万が一職場や家族に感染者が出て、自分も感染の疑いがある場合は早めに医師の診察を受け、インフルエンザウィルスの潜伏期間にタミフルを服用するのも良いでしょう。タミフルは潜伏期間に飲むことで大きな威力を発揮し、高熱や下痢などの激しい症状を回避することが可能です。しかし十代の青少年がタミフルを服用する場合はしっかりと親が監視することが大事です。人によっては幻覚を見たり、奇行に走るなど異常行動の副作用が認められているからです。